2009年04月05日

#103 日光・再発見

久しぶりの記事です。

先日、久しぶりに日光に行きました。
ちょっと離れるけれど、旧・今市市に生まれた私にとっては、
日光と鹿沼は、地元のようなものだし、
最近は鹿沼・日光が面白くてたまりません。

3月初旬に、次男が生まれたので、
日光二荒山神社に名づけのお願いと、名前を頂きに行きました。
少し時間があったので、日光山内を散歩して、
街中も少し散策をしました。

そこで感じたのは
「日光ってやっぱり面白いなぁ」ということ。
街並みも、古い洋館や旧宿場町を彷彿とさせるものが多く残っていたし、
地元のお店、誇れる名店もけっこうあるし、
そして山内も、何とも言えない静かな空気が流れているといた
ということです。

でも、わざわざ「日光」を記事にしようと思ったのは
その「日光」本来の良さが、失われつつあるという危機感を持ったからです。

日光は、国道が狭く、路上駐車が多いので、
現在は道路の拡幅計画が進んでいるとのこと。
ということは、今残されている、旧市街・宿場としての面影は
完全に失われていってしまうであろうと思えたのです。

ああ、すごくもったいない。
日光に住んでいる人たちにしてみれば、
死活問題なのかもしれないけれど、
いまある日光の産業を「再利用」することができると思うし、
若い人たちのアイディアやエネルギーをそこに生かすチャンスは
まだまだあるのだと思ったからです。

どうしても、
ハード面にまず費用を投じて、観光地として活性化を図る、
というのが規定路線になってしまうのでしょうけれども、
いまあるものの価値を再評価することから初めてはどうかと思います。
その場合には、他の都市や取組にケーススタディすることから始めるべきではないのでしょうか。

このまま行けば、観光地としての再開発は、
@道路を拡幅し、A商店街をみな新しい店舗にして、統一感を出し、歩道を広げて、歩きやすくすること、山内への観光客の導入を図るということにあると思います。

でも、私個人的なアイディアとしては、
@日光らしい、統一的な「アイコン」或いはビジュアルデザインの作成。
A空き店舗や旧家を低価格でテナント賃貸できるように、行政の補助。
若い人たちにビジネスチャンスを。リフォームに際しては、PTの結成とデザインプランの競合
B路上駐車を廃止する、市民運動の展開。市営駐車場の整備と無料化。
CBを含めての市内循環バスの運行と、路線の自由化。
などなど…。

いまあるものに、どのようなエッセンスを加えて、
新しい価値を生み出すかということが、まだできるのではないかと思う。

例えば、日光彫りの技術を生かして、
ステーショナリーをプランニングしてみたり、
観光的な食事ではなくて、今市・日光の地の物のおいしさを伝える食事を用意したり、
外国人向けの、低価格なカフェ的レストランの展開であったり、と、
まだまだ、日光は改善する余地があるし、
そうなったときに、地元に住む自分たちが訪れて、リフレッシュできる場所になっていくのではないだろうかと思う。

先日、ある場所で、
ほんのちょっとだけ日光市長にお会いする機会があったときに、
その旨には「YO-KOSO!!NIPPON」の、あのバッジをされていました。
個人的にはこの「visit japan campain」が好きではないし
やはり自分の故郷には、本当によい観光地になってほしいと思います。

それには、表面的な観光地ではなく、
真のホスピタリティと、地元の本質的な理解にもとづく提案があって
初めて成り立つのではないかと思うし、
それで、リピート率を高めることができるのではないかと思う。
(日光って、かなりホスピタリティには欠ける観光地だと思うし)

ってわけで、
この記事、読んでくださった方、
さまざまなご意見・コメントをいただけると、幸いです。
(いろいろなアイデアが集まり、議論されることが面白いですもの)


ちなみに
4/1に、知人でもある、「響茶庵」オーナーの教ちゃんが
旧・今市商店街の一本裏通り、
二宮神社の門前に新しいカフェをオープンしました。
その名も
「日光珈琲」

例えば彼に、旧日光市街の空き店舗を一つくらい任せてみたら
けっこう面白くなるんじゃないかな〜、って思います。

「日光珈琲」。
よろしくお願いします。

posted by hata at 15:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。